いじめ・差別・偏見・虐待のない社会の実現

えんとかくの理念


支援を通し子ども達の可能性を高め、自分自身で将来に希望を描ける子どもを育成する。
業務を通して自らの可能性を高め、生きがいを持って働ける環境づくりを行う。
地域社会と積極的に連携しながら福祉サービスの可能性を追求し、地域発展に貢献する。

ミッション・ビジョン


【ミッション】
正しい知識を身に着けいじめ・差別・偏見・虐待のない地域社会を構築する。
 
【ビジョン】
誰もが活躍できる社会を実現し、受給者から納税者への転換を図る。

5か年計画(2022年~2027年)


各事業所に最上位の目的である、理念を浸透させ、子ども達の将来を真剣に考え、子ども達の成長と職員自身の成長がリンクして考えられる人材を育成する。
福祉サービスの発展は地域の発展と同義と捉え、積極的に地域の事業所と連携を図り、関係者すべてが安心できる環境を作る。

通所支援事業所 てかぽ

児童発達支援、放課後等デイサービスの事業所です。成長に偏りのある児童の療育支援を行います。

相談支援事業所 アイベラ

障害児、障害者の相談や当事者に合ったケアプランの作成を行います。

通所支援事業所第2てかぽ

重度心身障害児対応の児童発達支援、放課後等デイサービスの事業所です。成長に偏りのある児童の療育支援を行います。

居宅訪問型児童発達支援事業 ルピナス

未就学児童を対象にご自宅で支援やご家庭のご相談などを行う事業所です。

本革製品ショップ【entokaku】

獣害皮を活用し、障害者の賃金向上に向けた取り組みとして、ジビエレザーを使用した本革の革製品を販売しています。

講演事業

発達障害、不登校、発達支援、学習支援、特別支援教育、 キャリア教育、放課後等デイサービス、社会起業家について、NPOの設立、支援員養成などの講演・セミナーを実施します。

障がい理解促進事業

豊明市の委託を受け、障がいの理解促進およびヘルプカードの理解促進を行います。

SDGsに向けた取り組み

2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標に向けた取り組み

障害児通所支援事業所てかぽ内覧動画(2014.04.25)

2020.07.01
ボクらはわがままな起業で生きてゆく
自分を大切にそして社会の課題を解決していくための事業構築
についてお伝えさせて頂く1冊です。
著:脇本泰志